今日のTLT学習 遺伝4(中3理科)

2016/09/08

問題

図は,エンドウの種子の形のまるとしわの形質が,親から子,孫へと伝わるようすを表したものである。Aはまるい種子をつくる遺伝子,aはしわのある種子をつくる遺伝子である。また,子はすべてまるい種子であった。

(1)

種子の形など,生物のからだの特徴となる性質を何というか。
(   )

(2)

まるい種子のように,子に現れるを何というか。
(   )

(3)

子の遺伝子の組み合わせを表せ。
(   )

(4)

子のエンドウが精細胞や卵細胞をつくるとき,Aとaの遺伝子の片方だけを入れることを,何の法則というか。
(   )の法則

(5)

孫のア~エで,まるい種子としわのある種子の数の比を,最も簡単な整数の比で表せ。
(   ):(   )

B3330010

 

解答

(1)

形質

(2)

優性形質

(3)

Aa
※卵細胞からA,精細胞からaの遺伝子を受けついで対になるから,Aa
大文字を先に書く。

(4)

分離

(5)

3:1
※子どうしのかけ合わせでの孫の遺伝子は,
AA:Aa:aa=1:2:1 であり, まる:しわ=3:1 となる。

優性の法則………子に優性の形質が現れること。
分離の法則………精細胞や卵細胞をつくるとき,対になった親の遺伝子が,1つずつに分かれること。

 

 

 

TLTソフトならスピード習熟が可能です。

当記事は、TLTソフトに収録されている問題、解説の一部を加工し掲載したものです。

上記問題が掲載されている中学3年理科TLTソフトの詳細目次はこちらでご確認いただけます。(PDF)

日米特許取得済みのTLTソフトでスピード習熟しませんか?
使い放題コースなら、全100教材以上をいつでも自由に好きなだけご利用いただけます。
集中的に苦手な項目だけやるもよし。教材の使い方はあなた次第です!

まずは、無料体験をお試しください。

 

 

 

-TLTの勉強, 中学理科
-, ,

この記事を是非シェアしてください。